価格の比較

適正年齢のキャットフードの詳細

キャットフードには適正年齢なるものがあります。
大まかに生後1ヶ月程度、生後2ヶ月程度、成猫用(1歳以上)、老猫用(10歳以上)の4種類に分けられます。
年齢に合ったキャットフードを選ぶhttp://www.librarydesigns.com/seiby.htmlことによって、バランスよく栄養を取れたり、不足している栄養を補うことが出来ます

<生後1ヶ月程度>
まず、生まれたばかりの子猫はミルクを飲みます。
歯もまだ弱いために、硬いドライフードを食べることもできません。
生まれてから1ヶ月程度経ったら、お湯で柔らかくしたドライフードを与えましょう。

<生後2ヶ月程度>
一日数回に分けて、子猫用のキャットフードを与えましょう。
食べる量も増えてくるため、一日当たりの量のバランスにも注意しましょう。
子猫の時に十分な栄養を取れたかどうかは、その後の健康に大きく関わってくるため、一番重要な時期であると言えます。

<1歳以上>
1歳を迎えるころにはもう大人と同じです。成猫用のものに変えましょう。
また、一日の回数も朝晩の二回にしましょう。1歳を超えてから体重が増えるというのは明らかな肥満です。
体重は1歳の時点を目安にキープするようにしましょう。

<10歳以上>
10歳を超えたら老猫用のものに変えましょう。
このころから、動きが鈍くなったり、目や歯が悪くなったりしますので、カルシウムやビタミンを多く含んでいるものを上げるとよいでしょう。


今回は適切なキャットフードhttp://www.omnicomassociates.com/kenko.htmlを紹介しましたが、体調は食事だけで補えると思ってはいけません。
何か異常がみられる場合は、直ちに獣医の診察を受けることを強くお勧めします。

このページの先頭へ