価格の比較

危険な物視点のキャットフード

ペットフードには法律に則った安全基準があります。しかしながら、その安全基準もまだ完ぺきとは言えず、合成着色料や防腐剤等の表示もあいまいになっているのです。
食品添加物は百害あって一利なし、無いに越したことはないのです。
キャットフードを選ぶ際も、できるだけ添加物の少ないものやオーガニックキャットフードを選ぶことが求められます。
では、注意しなければならない食品添加物をいくつかチェックしましょう。

<亜硝酸ナトリウム>
赤色の着色料として使われています。酸化によって色が黒っぽくなることを防ぐ効果がある一方、発がん性作用があると言われています。
そもそもネコはほとんど色を見分けることが出来ないため、完全に必要ないものと言えるでしょう。

<エトキシキン>
エトキシキンは酸化防止剤です。長期間保存できるようにキャットフードに含ませることがあります。
しかし、使用量は各メーカーによってまちまちであり、少量ならば健康に害はないと言うところもあるなど、安全基準はいまだにはっきりしていません。

<合成調味料>
合成調味料は、各メーカーが独自に開発しているため安全性の審査が最も行き届かないものなのです。
ネコにとっては美味しく感じるかもしれませんが、安全性の証明に疑問が残りますね。

子猫や老猫には食品添加物が原因で、体調を崩してしまうこともあります。
ネコの健康管理をするのは人間ですので、キャットフードは出来るだけ安全なものを選んであげるようにしましょう。

このページの先頭へ